So-net無料ブログ作成

家族と歩く・2009 [お散歩]

D-1.JPG


最近、ちょこの体調はすっかり落ち着きました~(´∀`)

さて。。。話題は2009年の12月に戻ります ←またかっ?!(*^ω^A;


D-2.JPG
ちょこの肛門腺破裂事件があり、
実家を訪れるのが少し遅くなってしまいました

年々小さくなっていたりゅうくんは、
もっと小さくなっていました。。。

実際、現実を目の当たりにすると、
こらえていたものが込み上げてきて、
ちゃんと手を合わせることができませんでした

。。。りゅうくん、ごめんね


母はしばらくりゅうくんのお骨をそばに置いておきたいようで、悩んでいました。。。
あたしは「おかあさんのいいようにしていいよ」と、それだけ伝えました

このとき、母と姉、3人で逢うのはすごく久しぶりで、母の入退院以降、初でした。。。というか、
「退院したら、一緒にゴハンを食べに行こうね」
という母の希望で、前々からお気に入りのレストランに予約を入れていたのです

まさかその日を前に、りゅうくんが逝ってしまうことになるとは、思ってもいなかったなぁ。。。


D-3.JPG
   3人で食卓を囲み、実家でお昼を済ませたあと、
   母と姉が神楽坂に行くと言うので、一緒に出掛けました


   用事を済ませたあと、
   少し神楽坂の街をぶらぶら。。。そして、
   裏道に入っては行き止まり。。。を繰り返し、

   やがて、お茶をしに『神楽坂 茶寮』に入りました


D-4.JPG
こちらのお店、母と姉は行き着けのようでしたが
あたしは始めてです

外装も内装も『和』一色で、
何とも言えない雰囲気が。。。落ち着きます

メニューにもあちこちに『和』の香りが漂い。。。
迷いに迷って途方に暮れるあたし(´-∀-`;)


平日だと言うのに、
店内は女性客でいっぱいで、
後から訪れる人もたくさんいました


D-5.JPGD-6.JPG



D-7.JPG
   そのうち
   ガラスの急須に入ったお茶がきました

   母と姉は緑茶

   あたしはほうじ茶です


D-8.JPG



   次にやってきたのはケーキです( *´艸`)

   母とあたしは豆乳と苺のシフォンケーキ


D-9.JPG



   こちらは姉のケーキです

   ほうじ茶のシフォン。。。だったかな??


   おいしくいただきました~☆(´▽`)




そして、しばし語らいのひととき。。。

D-10.JPG




D-11.JPGD-12.JPG












神楽坂はずいぶん久しぶりだったけど、
街並みは、ほとんど変わっていませんでした

いつの間にか神楽坂から飯田橋、水道橋まで来て、
目の前に東京ドームが見えてきました( ゜ д ゜)

この時期はまだクリスマス前で。。。
東京ドームホテルの中には巨大なツリーもありました ←相変わらず時期外れ~(*^ω^A;)


D-13.JPG
   東京ドームの前に。。。なぜか、『ウルトラマン』
   なにかイベントでもあったのでしょうか~??

   このウルトラマン、そばで見ると結構大きくて、
   前を通り掛った方や海外からの方たち、みんな写真を撮っていました

   母はウルトラマンと一緒に、
   自分の携帯で姉に写真を撮ってもらってました( *´艸`)


D-15.JPG






各言うあたしも~

♪ウ~ルト~ラ~マ~ン♪   





D-16.JPG    それから実家に戻り、
   この日のメインイベント『野菜のレストラン』に向かいました

   家から、かな~り歩くので、ちょっと大変。。。ですが、
   そこには嬉し楽しい出来事が待っているのですヾ(*´∀`*)ノ

   野を越え山越え谷を越え。。。
   道中いろんな話をしながら、3人でひたすら歩きました


≪次回は『野菜のレストラン』です≫




あしあと(53)  コメント(13)  トラックバック(0) 

あしあと 53

コメント 13

iyashi

りゅうくんのご冥福を心より願います。
by iyashi (2010-02-04 18:26) 

ChatBleu

お母様、お姉様、もちろん、まりりんさんも少しお元気になられたでしょうか。りゅうくんが虹の橋を渡ったのはそんなに前だったのでしたね。早いものです。
神楽坂はほとんど行ったことないです。落ち着いた素敵なお店。和テイストな場所やものって気持ちを整えてくれますよね。
by ChatBleu (2010-02-04 19:39) 

qoo2qoo

りゅう君のご冥福を心よりお祈りします。
by qoo2qoo (2010-02-04 20:43) 

momo

りゅう君のご冥福を心よりお祈り致します。
ちょこちゃんも、お大事に-☆
by momo (2010-02-05 01:46) 

きいちゃん

りゅうくんのご冥福を心よりお祈りいたします。
私のいとこも、愛猫の遺骨を家において、陰膳をお供えしていました。
離れがたい気持ち分かります・・・・・。
by きいちゃん (2010-02-05 07:37) 

hi−ragi

もっと小さくなっても、ずっとそばに置いておきたいですよね。
気持ちが時と共に少しずつ癒されます様に…
家族での食事で気分転換。良い時間を過ごせましたね。(^_^)
by hi−ragi (2010-02-05 09:32) 

すがめ

りゅう君のご冥福を心よりお祈りいたします。
ずっと一緒にいた家族だから遺骨を家におきたいというお母様の気持ちもわかります。
ちょこちゃんは体調が落ち着いてよかったですね。
順調に回復することを願っています。
by すがめ (2010-02-05 19:59) 

ulyssenardin36000

2008年の江戸東京たてもの園から飛んできました!
by ulyssenardin36000 (2010-02-06 09:35) 

CC_SAKURA

この前はniceありがとう。
返事は明日書きます。りゅうくん、よく頑張りました。ご冥福をお祈りします

by CC_SAKURA (2010-02-06 14:30) 

まっきー

イイ雰囲気のお店ですね。優しい時間が過ごせて良かったのではと思います。
体調も落ち着いてきたら一安心ですね。
by まっきー (2010-02-07 19:19) 

渡り鳥

お母様の遺骨を傍に置いておきたいと思う気持ちがよくわかります。
by 渡り鳥 (2010-02-07 19:36) 

green_blue_sky

りゅうくん、ご冥福をお祈りいたします。
遺骨をそばに、気持ちはよくわかります。
by green_blue_sky (2010-02-09 12:23) 

まりりん

★たくさんのご訪問、ありがとうございました★

>iyashiさん
ありがとうございますm(__)m

>ChatBleuさん
さすがに彼のことを考えると、みんなどうしても「ほろっ」となってしまいますが、だいぶ元気を取り戻しました
あたしもあまり神楽坂には詳しくないのですが。。。以前は仕事関係でよく訪れていた街です

>qoo2qooさん
ありがとうございますm(__)m

>momoさん
ありがとうございます
おかげさまで、ちょこはすっかり元気になりました(´∀`)

>きいちゃんさん
いずれは共同墓地のようなところへ預けるつもりでいるようですが、なかなか手放せないようです。。。気持ちはわかるので、無理して手放さなくてもいいのではないかと。。。
きっと、そういう時期が訪れると思います。。。

>hi-ragiさん
現在、穏やかに過ぎる時間の中で、それぞれの想いは徐々に癒されているようです。。。

>すがめさん
母もだいぶ元気を取り戻したようですが、りゅうくんに対する想いは。。。のようです
でも「猫欲しい」とも言っています( *´艸`)

>ulyssenardin36000さん
ご訪問、ありがとうございますm(__)m

>CC_SAKURAさん
ご訪問、ありがとうございます
りゅうくんは最期まで、しっかりと生き抜き、立派に猫生を全うしました

>まっきーさん
最近、こういう和風のお店が増えたような気がします
憧れの古民家。。。いつか住みたいです(;^ω^)

>渡り鳥さん
24年以上も一緒に暮らしていたから、きっと、ぽっかりと穴が開いたような感じなのでしょうね。。。
母の気持ちが落ち着きまで、一緒に居させてあげたいと思っています

>green_blue_skyさん
ありがとうございます。。。
今はまだ、そばに置いておきたいようなので、そのままそっとしておいてあげたいです

by まりりん (2010-02-11 11:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます